地元で働くメリットは大きい

「都会の大きな病院で最先端の医療を学ぼう!」と意気込んで上京したものの、都会の早い時間の流れや人間関係などに疲れて地元に帰ることを選択する看護師は多いです。もしくは、高齢になってきた両親が心配で帰る事を決意する看護師もいます。地元に帰る理由は違っていても、Uターン転職をした看護師達は「地元に帰ってきて良かった」と感じることが多いそうです。都会を離れて地元で看護師として働くことを選択する人は増えてきています。

地元で働くメリットは思っていた以上にあるようです。例えば、実家に戻った場合は食事や掃除などを誰かがしてくれたり、家賃がかからないので時間とお金の節約になります。一人暮らしの時は家事にあてていた時間を趣味にてられるので、気分転換もしやすくなります。実家ぐらしではない場合も、職場と自宅の距離が近く、結果的に自分の時間が増えたという人が多いようです。そして地元であれば知っている人も多いため、アフターや休日が充実するのもメリットですね。

そして実は、都会も田舎も、医療のレベルは対して違いが無いことに驚くことかと思います。忙しさに関しても、都会と田舎にあまり違いはないようです。むしろ、田舎の方が広い敷地を確保できるため、広くて充実した医療施設がある場合が多いのです。

そして何より地元で働く一番大きなメリットは、家族や親戚がとても喜んでくれることでしょう。遠くで連絡があまりつかないような状態では、家族や知り合いも心配です。しかし、地元であれば家に行くこともできるし、いざとなったら職場に会いにいくこともできるでしょう。親であれ子供であれ、余計な心配をしなくて良いのは大きなメリットです。